ニュース

プレスリリース

2021.06.30

【申込受付開始】実施が楽しみになる1on1実現のための基礎講座
1on1の音声データを解析することで見えた成功する1on1実施方法のノウハウを無償提供

600社超80,000以上のユーザーに、人事課題解決に特化したコミュニケーションプラットフォーム「エアリー」を提供するEDGE株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:佐原資寛、以下EDGE)は、累積250名以上が受講し、満足度94%以上を誇る経営者、人事部門責任者向けの1on1に関する基礎講座を新たに7月8日(火)にオンラインにて開催することを決定し、申し込み受付を開始いたしましたのでお知らせいたします。

【申込受付開始】実施が楽しみになる1on1実現のための基礎講座

●1on1を取り巻く課題

1on1が注目される中で1on1を制度化する企業が増えています。一方で「上司が武勇伝ばかりを語る」「雑談しかしていない」「業務報告の場になっている」など、1on1の実施趣旨から逸脱し無駄な時間となってしまっているケースも散見されます。上司と部下の間で1on1の実施目的が明確化されていたとしても、「1on1実施時に部下への遠慮で伝えるべきことを伝えられないことがある」と回答する上司が70.2%(2021年4月15,16日実施 EDGE調べ n=400)にのぼるなど上司側の苦悩も伺えます。こうした状況を打破するためには1on1に潜む罠を理解し、正しいアプローチを知ることが重要です。EDGEは理想的な1on1実現を支援するHRテクノロジー「エアリーフィードバッククラウド」の開発過程で様々な企業における1on1の音声データを解析してきました。その実績と得た知見から、効果的な1on1を現場で実現するために抑えるべきポイントを網羅的にお伝えするセミナーを開催しています。これまで累積250名以上の経営者、人事部門責任者が受講し、満足度94%以上を誇る本セミナーを7月8日(木)にオンラインにて開催いたします。

●エアリーフィードバッククラウドとは

【申込受付開始】実施が楽しみになる1on1実現のための基礎講座

エアリーフィードバッククラウドは音声解析を通じて、1on1を理想的な状態に近づけるサービスです。 1on1では秘匿性の高い内容を扱うため、第三者が介在して1on1の実施方法について客観的に評価、指導することが難しく、上司・部下の関係性において部下から自発的に上司側の改善点を伝えることは非常に難しいことから、
・上司と部下以外の第三者を介在させて改善点を洗い出すことができない
・上司の1on1のやり方が必ずしも良い状態を作っていなくとも部下からは指摘しづらい
・上司側も何が正解かわからない中で距離を取ってしまい質の高い1on1が実施できない
・上司側が経験談や指摘事項を一方的に話して部下がほとんど発言しない
など、質の低い1on1実施が常態化しています これまで、客観的に1on1を評価する仕組みが作りづらいという点が1on1の質を高めることを難しくしていました。エアリーフィードバッククラウドは適切な1on1実施のためのガイドラインを提示し、音声分析から1on1中の上司・部下の感情の推移を可視化して発話割合を計測します。1on1終了後に上司と部下が客観的なデータをもとに振り返りを行う中で、理想的な1on1に近づけていくことを支援するHRテクノロジーです。心理的安全性が高い1on1の要素を分析し、発話割合や感情推移から1on1の改善を促す機能を有しています。

■サービスサイト:https://airy.net/feedback/

●開催概要

・日時: 7月8日(木) 15:00~16:00
・開催方法: オンラインセミナー※本セミナーではZOOMを利用いたします。
・対象: 経営者・役員、経営企画責任者、人事責任者
・参加費: 無料
・主催 : EDGE株式会社

●講演内容

■「心理的安全性」への誤認がチームをダメにする
2015年にGoogleが「心理的安全性は成功するチームの構築に最も重要である」と発表し注目を集めるようになった「心理的安全性」。しかし正しく機能していない場面も多く見受けられます。 本パートでは、心理的安全性を正しく理解し、心理的安全性がなぜ重要なのかを紐解いていきます。

■1on1に潜む落とし穴とは
1on1制度化に併せて、ガイドライン策定や研修を実施している企業をよく見るようになりました。しかし、管理職のやり方を頭ごなしに否定し、受け入れられないガイドラインや研修をしてしまっていませんか?
彼らのやり方を頭ごなしに否定する形ではなく、正解が変わったんだ。今のやり方ではうまくいかない。ということを自覚してもらうことからスタートしなければ行動変革は起きません。
導入部分でつまずかないために、実は気を配るべき点は多いのです。
本パートでは、1on1をうまく導入して成功させ、継続させている企業の取り組みや抑えているポイントをご紹介します。

■効果的な1on1とは
御社の1on1の目的は明確になっていますか?その目的を上司も部下も正しく理解していますか?1on1の時間が部下のお悩み相談化し、エネルギーと時間というコストが削られる。実施することが目的化され、大した効果が見られず、実施自体をやめたという企業も散見されます。そうなる前に自社の1on1を見直しましょう。
本パートでは今日から実践できるTipsを含め、効果的な1on1に必要な要素を紐解いていきます。

●講師プロフィール

EDGE株式会社
代表取締役社長 チーフエヴァンジェリスト
佐原 資寛(さはら もとひろ)
各業界のリーディングカンパニーをはじめ、HRテックを用いたエンゲージメント向上、社風改革、新卒採用、新人育成、研修フォロー、離職率改善、ダイバーシティ推進、OB/OGカムバック支援など、HRテクノロジーとコンサルティングを組み合わせた人事課題解決の支援実績は200社を超える。自身が上場企業にて最年少部長(当時)となり、全員年上部下の環境でマネジメントに苦労した経験から組織開発や評価制度、面談制度に創意工夫を凝らし、組織課題や人事課題解決に再現性のあるアプローチ手法を確立し、顧客企業を支援。2017年4月よりEDGE株式会社にて代表取締役社長を務める。HRテック、人事、人財マネジメントに関する講演、取材実績多数

●セミナー参加申し込み

以下のサイトより、お申込みください。
https://airy.net/feedback/20210708_seminar.html

  • エアリーフレッシャーズクラウド
  • エアリーダイバーシティクラウド
  • エアリーエデュケーションクラウド
  • エアリーエンゲージメントクラウド
  • エアリーフィードバッククラウド
  • エアリーマネジメントクラウド
  • エアリー for アルムナイ
  • エアリー for キャンパス