ニュース

プレスリリース

2018.05.08

~大阪経済大学 国際交流の更なる進化に向けて~
大学初!留学生支援システム【エアリーキャンパス】導入!!
【EDGE】キャリア支援SNSエアリー 全国の大学へ販売開始
アプリで、留学先での孤立予防、留学体験の共有、安否確認など、サポートを実現

EDGE株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐原資寛、以下EDGE)は、大阪経済大学(大阪市)において、当社が運用するWEBサービス、大学キャリア支援システム【エアリーキャンパス】 (以下、エアリー)が、採用されたことを発表いたします。アプリを活用した留学生支援の実現で、大学における国際交流支援の進化をサポートいたします。

Airy FOR Campus

大学キャリア支援システム【エアリー】の導入で留学生支援の強化を図る

大阪経済大学は世界15ヵ国・地域30大学の海外協定校を持ち、留学や語学研修などのプログラムを整備して国際交流に力を入れています。年間約120人の学生を海外留学・研修へ派遣しており、年間約90人の外国人留学生を受け入れています。(2017年度実績)
今回、導入する「エアリー」は、本年5月から在学中の外国人留学生を対象とした運用をはじめ、8月からは各国へ派遣する日本人留学生を対象とした利用を開始予定です。
学生は「エアリー」に登録することで、スマートフォンから手軽にサイト上での会話を楽しむことができ、「エアリー」を通じたリアルタイムでのコミュニケーションを実現します。 海外に滞在する日本人留学生にとっては、留学先での孤立を予防できるのみならず、他の日本人留学生とのやり取りを通して、様々な留学体験を共有することが可能となります。 大学からの連絡事項には、スマートフォンへのプッシュ通知に加え、未読・既読など学生の状況を見える化し、「エアリー」にて一元管理することが可能となります。 管理画面から24時間確認ができ、初期安否確認をはじめとした見守り機能を担うほか、留学先から大学への書類提出や危機管理情報の呼びかけなどにも活用できます。

大阪経済大学はで、この取り組みによって学生や保護者が安心できる環境作りを行い、異なる文化・価値観に触れて幅広い視野を身につけることができる海外留学をより推進していきたいと考えています。

大学キャリア支援システム【エアリー】とは

学生支援において、学生との双方向コミュニケーションの実現が課題となっています。 多様化する学生生活において、対面でのコミュニケーション機会が減少し、学生一人ひとりを追跡することが困難になり、「電話にでない」「メールを見ない」今時の学生に対して、大学側は学生個人とコンタクトを取ることが年々難しくなっています。
大学キャリア支援システム【エアリー】では、スマホアプリを活用し、学生とのリアルタイムコミュニ  ケーションを確保することで、大学が学生一人ひとりに向き合った支援を行うことを可能にします。職員の人数が限られる中で、的確なアドバイスや支援を実現するため、学生情報の一元管理、リアルタイムな情報の受発信を実現することで大学職員の働き方改革にも貢献します。 本サービスの提供により、一人でも多くの学生が大学生活を通じて、納得できるキャリア形成を実現できる世の中を目指します。

大学キャリア支援システム【エアリー】販売本格運用開始について

社内向けSNSサービスを提供しているEDGE株式会社では、これまで累計3,000社以上の企業支援に取り組んでまいりました。その知見を活かし、大学向けキャリア支援システムとして留学生支援を主目的に大阪経済大学様への導入が決定しました。本導入により大学キャリア支援システム【エアリー】の導入実績数は10校を超えました。
以降、入試広報支援・インターンシップ支援・就職支援・卒業生管理など、全国の大学へ本システムの販売を加速いたします。2018年末までに30校への提供を販売目標としております。

Airy FOR Campus

大学概要

大学名 大阪経済大学
所在地 大阪市東淀川区大隅2-2-8
URL http://www.osaka-ue.ac.jp/
連絡先 TEL:06-6328-2431

→Airy for Campus詳細はこちら

  • airy
  • エアリーダイバーシティ
  • エアリーフレッシャーズ